FXとレバレッジの使い方

副業としてFXを始める際に、まず確認しておきたいのがレバレッジの倍数です。
レバレッジとはてこの原理を意味する言葉で、FXの場合は少ない金額で大きな取引をするシステムを指します。

このレバレッジを上手く活用することによって、少ない元手でも大きな利益を生み出せるようになります。

どれだけのレバレッジを使うことができるかは、選ぶ業者次第です。国内業者の場合は最大25倍までという制限がかけられているのに対し、海外は無制限で1000倍以上のレバレッジが使える業者も少なくありません。

レバレッジなしで1万円の利益が出る取引の場合、25倍のレバレッジをきかせれば同じ元手で25万円、1000倍であれば1000万円の利益を生み出すことができます。そのため、資金が少ない人が副業代わりに投資をするのであれば、FXが最適と口コミで評判となっています。

ただ、レバレッジを使うと、チャートが下がった時の損失も大きくなります。
軽い気持ちでレバレッジを使った後に、相場が暴落をして一夜にして大きな借金を背負ってしまったなどの状況に陥る人は珍しくありません。

FXには、暴落の際の損失を最小限に抑えるために、証拠金が一定の割合を下回ると、ポジション決済を行うロスカットというシステムが採用されています。

ただ、暴落の度合いによってはロスカットが追い付かず、想定外の損失を出してしまうこともあるものです。特に、証拠金がマイナスになったらその分を自分で補填しなければいけない国内業者の場合、レバレッジが原因で借金生活が始まることは珍しくありません。

口コミで人気の海外FXの場合は、証拠金がマイナスになっても補填を求めないゼロカットシステムが採用されていることが多くなっており、借金を背負う心配はありません。

ただ、余裕資金の多くをFXに回していると、折角貯めてきた貯金の多くを失うことになります。そのため、FXを始める際には、詐欺被害に遭わなくてもお金を減らす可能性があると覚えておくことが大切です。

少しでもリスクを減らしたい場合は、レバレッジを使わない形の取引から始めておくと良いでしょう。
慣れた上で、レバレッジを使うようにするだけでも、リスク回避に繋がります。
取引に慣れたら、どれくらいのレバレッジを使ってみたいか考えた上で口座開設をすれば、熟練度に合わせ最適な取引方法を選べるようになります。

そのため、FX口座開設をする際には、詐欺被害に遭う心配がないかなどの情報と一緒に、どの程度レバレッジをきかせることができるかなどの情報もチェックしておくと良いでしょう。